井戸尻史跡公園へ蓮の花を見に行きました

2007年07月25日

長野県富士見町の井戸尻史跡公園に蓮とスイレンを見に行きました。
idojiri-5.jpgidojiri-6.jpgidojiri-13.jpg

特に蓮の花はみごとで、蓮の池の周りを大勢のカメラマンが取り囲んでいました。蓮は、「埼玉古代蓮」(下写真左)と「大賀蓮」(下写真右)の2種が咲いていました。一見してその違いを見つけることはできませんでしたが、写真をよく見てみましたら、葉の形が違っているようでした。
idojiri-1.jpg idojiri-2.jpg
idojiri-3.jpg idojiri-4.jpg

花びらが散った後の種を抱えるジョウロの口のような部分。よく見るとなんとなくグロテスク。
idojiri-8.jpg idojiri-9.jpg

idojiri-7.jpgちょっと興味を引く葉がみつかりました。線上に穴が開いています。開く前のまだ巻いている時期に、虫に食われたのではないでしょうか。

スイレンも数種咲いていました。スイレン科のコウホネのという黄色い花はとても個性的でした。キキョウなどの花もちょうどきれに開いていて、私たちを楽しませてくれました。
スイレンスイレンコウホネキキョウ??

ここで出会った虫やカエルです。
idojiri-17.jpgidojiri-18.jpgidojiri-19.jpgidojiri-20.jpgidojiri-22.jpgidojiri-23.jpg



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。