虫こぶ(ゴール)というもの

2004年10月30日

下の写真のように、葉の上に丸い玉がついているのを見たことはありませんか? これが何なのか、調べてみたことはありますか?

gall-2.jpg gall-1.jpg

この玉を切ってみたら、中に小さな空洞があり、そこから何かが外へ出た形跡がありました。これは「虫こぶ」と言われるものです。おそらくこの玉の中に虫の幼虫がいたのでしょう。
「虫こぶ」は、虫が寄生することで植物の細胞に異常がおこり、そこが変形したり、大きくなったり、または成長しなかったりすることによってできるものです。ですから、上の写真のような玉になるものばかりではなく、いろいろな形のものがあります。「虫こぶ」の原因になる虫は、タマバエやタマバチ、アブラムシなどです。

gall-3.jpg gall-5.jpg

gall-6.jpg gall-7.jpg

gall-4.jpg虫の寄生によってできる植物の“こぶ”を「虫こぶ」と言いますが、植物にできるこうした“こぶ”がすべて虫によるものではありません。
ですから、このような植物の“こぶ”を総称して「ゴール」と呼ぶのだそうです。
植物の葉に“こぶ”がついていたり、芽が異常に変形肥大していることがあり、内部を調べてみると“虫”が見つかることが多い。そのため、この“こぶ”は虫こぶ、あるいは虫えいと呼ばれた。しかし、このような“こぶ”が、虫(昆虫類)ばかりではなく、ダニ類や線虫類、さらに細菌や菌類(カビ、キノコ類)によってもつくられることがわかってきた。そのため、これらの“こぶ”を虫こぶ(虫えい)と呼ぶのは不適当となり、まとめて“ゴール”と呼ばれることが多くなった。
            薄葉 重 著 「虫こぶ入門」 (株)八坂書房発行 より

林や森に入ったとき、ちょっと注意して植物を観察すれば、きっといくつかの“ゴール”を見つけることができるはずです。



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 自然雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。