朴(ほう)の花と糸を引く種

2005年06月30日

朴の木(ほうのき)には、大きな白い花がつきます。よい匂いですが、とても強い匂いなので、近くで嗅ぐとムッとします。

hobahana-1.jpg hobahana-2.jpg

hobahana-3.jpg秋になり、葉が枯れて落ちる頃、中にたくさんの赤い種子の詰まった実が落ちてきます。この赤い種子を引っ張ると、白い糸が出て実とつなっがっています。時期を逃さなければ、木についたままの熟した実から白い糸でぶらさがっている赤い種子を見ることができます。その白い糸は、胚珠の中を通っていた「導管」(水を通す管)なのだそうです。

hobahana-4.jpghobahana-5.jpg右の写真は朴の木と同じモクレン科の辛夷(こぶし)の実ですが、種子が白い糸でぶら下がっています。



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 自然雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。