花水木の花の色

2008年06月10日

hanamizuki-9.jpg花水木はアメリカの代表的な花木で、アメリカヤマボウシともいいます。大正時代に当時の東京市長がワシントン市へ桜を贈り、その返礼として贈られたのがこの花水木だったということです。アメリカではドッグウッドと呼ばれています。ドッグウッドの名称の由来は、この木の皮を煎じて犬のノミ退治に使ったからとか。
hanamizuki-7.jpghanamizuki-3.jpg花水木の花の色は、日に日に変わり、徐々に淡い色に変化していきます。 右と下の写真は同じ木の花です。数日の違いで色が変わりました。
hanamizuki-2.jpg hanamizuki-6.jpg

hanamizuki-5.jpg左の写真はピンクの花です。ピンクもきれいです。
そして、中央のつぶつぶですが・・・これが本当の花なんですね。
一つ一つにめしべと4つのおしべがついています。
hanamizuki-10.jpg

hanamizuki-1.jpg花水木は、春の花だけでなく、秋の紅葉と赤い実も楽しむことができます。また、この実をヒヨドリなどがついばみに来るのも楽しみのひとつです。ただひとつ難点は、落ち葉の後片付けでしょうか。
我が家の庭には2本の花水木があります。1本はピンクの花がつき、もう1本は白い花でした、去年までは。ところが今年、「花水木が今年も咲くなあ。」と思って見て、驚きました。去年まで白い花が咲いていたはずの木に、赤い花がついているのです。アジサイは土壌のPhによって色が違ってくるそうですが、花水木も植えられている場所の環境の違いで花の色が変わることがあるのでしょうか。



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 自然雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。