布ぞうり作りに今年もチャレンジしました

2007年08月24日

zori20070824-1.jpg布ぞうり作りに再び挑戦しました。倶楽部メンバーのN氏から指導を受けました。それぞれ好みの色の布を使って一足ずつ仕上げました。
今回も材料はN氏に用意してもらいましたが、次回は(次回がいつになるかわからないけど)自分の家にある布で作ろうかと話しました。

【布ぞうりの材料】
 1. ロープ
   ○ 直径10mm×2m×2本
   ○ 直径6mm×1.5m×2本
 2. 布  いずれも4つ折にしてアイロン掛け
   ○ 本体用 巾約10cm×6m×2本 巾約10cm×3m×2本
   ○ 前緒用 巾約6.5cm×0.5m×2本
   ○ 鼻緒用 巾約10cm×1.65m×2本
 3. 液体のり
zori20070824-2.jpg
【必要な道具】
 1. 洗濯ばさみ 20〜30個
 2. はさみ
 3. メジャー



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井戸尻史跡公園へ蓮の花を見に行きました

2007年07月25日

長野県富士見町の井戸尻史跡公園に蓮とスイレンを見に行きました。
idojiri-5.jpgidojiri-6.jpgidojiri-13.jpg

特に蓮の花はみごとで、蓮の池の周りを大勢のカメラマンが取り囲んでいました。蓮は、「埼玉古代蓮」(下写真左)と「大賀蓮」(下写真右)の2種が咲いていました。一見してその違いを見つけることはできませんでしたが、写真をよく見てみましたら、葉の形が違っているようでした。
idojiri-1.jpg idojiri-2.jpg
idojiri-3.jpg idojiri-4.jpg

花びらが散った後の種を抱えるジョウロの口のような部分。よく見るとなんとなくグロテスク。
idojiri-8.jpg idojiri-9.jpg

idojiri-7.jpgちょっと興味を引く葉がみつかりました。線上に穴が開いています。開く前のまだ巻いている時期に、虫に食われたのではないでしょうか。

スイレンも数種咲いていました。スイレン科のコウホネのという黄色い花はとても個性的でした。キキョウなどの花もちょうどきれに開いていて、私たちを楽しませてくれました。
スイレンスイレンコウホネキキョウ??

ここで出会った虫やカエルです。
idojiri-17.jpgidojiri-18.jpgidojiri-19.jpgidojiri-20.jpgidojiri-22.jpgidojiri-23.jpg

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコクラフトで買い物籠を作りました

2007年03月14日

エコクラフトに挑戦しました。紙ひもで籠を編みました。今回も倶楽部メンバーのN氏から指導を受けながら、それぞれ好みの色の紙ひもを使って手提げかごを作りました。

紙ひもを何本も同じ長さに切ったり、持ち手を細いひもで隙間なくきっちり巻くところには時間も根気も必要でしたが、格子に編み上げるのは意外と簡単で、5時間ほどで完成しました。素材は紙ですが、表面にニスも塗り、丈夫なかごに仕上がりました。ちょっと昔の買い物籠風で、素敵です。

eco-craft20070314-1.jpgeco-craft20070314-2.jpgeco-craft20070314-3.jpg

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

室内で履く布ぞうりをつくりました

2006年12月06日

zori20061206-1.jpg布ぞうり作りに挑戦しました。倶楽部メンバーのN氏から指導を受けながら、それぞれ一足ずつ自分のぞうりを作りました。ひも状の布を用意しておいていただいたので、編むだけでしたが、お茶やお昼をはさんでおしゃべりしながらおよそ5時間ほどかけて作り上げました。力の入れ具合などが難しく、右左の大きさが揃わなかったりしていますが、色使いも個性的な一足ができあがり、早速家に持ち帰って使っています。ぞうりの感触が足の裏に心地よいです。
用意していただいた布は、着物をほどいた布やハギレなどですが、こんなぞうりにするのもとてもいい使い方だと思います。いろいろな素材や色の布を使えば、夏向きや冬向きにもできるそうです。

zori20061206-2.jpgzori20061206-3.jpgzori20061206-4.jpg

posted by しま at 20:00 | Comment(1) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入笠湿原を歩いてきました

2006年06月30日

nyukasa-0.jpg富士見パノラマゴンドラリフトに乗って入笠湿原へ上りました。ゴンドラリフトの券といっしょに、富士見町産業課発行の「入笠に咲く花」という冊子をいただきました。6月から9月まで、月毎に咲く花がきれいな写真で紹介されている冊子です。普段は植物図鑑を持ち歩かない私たちですが、植物の名前の由来などを確かめながら「感」察する楽しさも味わうことができましたので、この冊子をいただけたことはありがたかったです。

入笠山の頂上まで登る予定でしたが、日が照ったり、曇って小雨がぱらついたりする気まぐれなお天気でしたので、御所平峠まで行き、そこから引き返してきました。
nyukasa-1.jpgnyukasa-2.jpgnyukasa-3.jpg

入笠湿原には73万株と言われるスズランの群生地があります。一番花がきれいな時期を少し過ぎていたようですが、かわいい花とすがすがしい香りを楽しむことができました。

湿原から御所平峠に向かう遊歩道では、道沿いにクリンソウと思われる苗がたくさん植えられていました。クリンソウは紅紫色のきれいな花がたくさんつくので、ここを訪れる観光客に楽しんでもらうためだとは思います。でも、それらを植えるために自然の草花が自生していたであろう地面が削られているのですし、わざわざ植えてもそこはクリンソウが好む場所だとは限りません。削られた植物も植えられた苗も哀れに思えるのは私たちだけでしょうか。どんなに小さくて地味な草花でも過酷な環境の中で力強く生きている姿が美しいのだと思います。

以下はこの日出会った草花や虫です。
ツマトリソウスズランベニバナイチヤクソウウマノアシガタ??アヤメレンゲツツジクリンソウオククルマムグラサワギク?シロバナヘビイチゴテントウムシ?
posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。