花水木の花の色

2008年06月10日

hanamizuki-9.jpg花水木はアメリカの代表的な花木で、アメリカヤマボウシともいいます。大正時代に当時の東京市長がワシントン市へ桜を贈り、その返礼として贈られたのがこの花水木だったということです。アメリカではドッグウッドと呼ばれています。ドッグウッドの名称の由来は、この木の皮を煎じて犬のノミ退治に使ったからとか。
hanamizuki-7.jpghanamizuki-3.jpg花水木の花の色は、日に日に変わり、徐々に淡い色に変化していきます。 右と下の写真は同じ木の花です。数日の違いで色が変わりました。
hanamizuki-2.jpg hanamizuki-6.jpg

hanamizuki-5.jpg左の写真はピンクの花です。ピンクもきれいです。
そして、中央のつぶつぶですが・・・これが本当の花なんですね。
一つ一つにめしべと4つのおしべがついています。
hanamizuki-10.jpg

hanamizuki-1.jpg花水木は、春の花だけでなく、秋の紅葉と赤い実も楽しむことができます。また、この実をヒヨドリなどがついばみに来るのも楽しみのひとつです。ただひとつ難点は、落ち葉の後片付けでしょうか。
我が家の庭には2本の花水木があります。1本はピンクの花がつき、もう1本は白い花でした、去年までは。ところが今年、「花水木が今年も咲くなあ。」と思って見て、驚きました。去年まで白い花が咲いていたはずの木に、赤い花がついているのです。アジサイは土壌のPhによって色が違ってくるそうですが、花水木も植えられている場所の環境の違いで花の色が変わることがあるのでしょうか。



posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 自然雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

馬酔木(あしび・あせび)には毒がある

2008年03月10日

ashibi-1.jpgまだ朝晩は冷え込む3月早々に馬酔木の花は咲きます。梅のつぼみはまだ小さく硬いのに、馬酔木は冷たい風に揺さぶられながら無数の花を咲かせています。花に鼻をくっつけるようにしてかぐと、ほんのりとあまく匂います。
ashibi-2.jpg馬酔木は毒があると、幼い頃に祖母から聞きました。馬酔木の葉や茎は有毒成分「アセボチン」を含んでいます。馬が食べると足がなえて歩けなくなる「馬が酔う木」なんです。「あしび」という呼び方も「足癈(あしじひ)」から変化したものだそうです。もちろん馬酔木を食べた馬を見たことはありませんが、どんな風になるのかちょっと興味はあります(お馬さんごめんなさい)。

昔のように馬と一緒に生活しているわけではありませんから、自分の口に入れない限り危険な植物というわけではありませんが、庭の馬酔木を見るにつけ、「これは毒なんだ」と思う気の小さい私は、祖母の言葉に強く影響を受けたおばあちゃん子です。

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 自然雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルフ童画館と原田泰治美術館へ行ってきました

2007年08月31日

ilf-dogakan.jpg雑木林の生き物が繊細に美しく描かれている「14ひきのシリーズ」(童心社)は私たちの大好きな絵本です。「14ひきのシリーズ」の作家いわむらかずおさんの絵本原画展が開催されているというので、岡谷市のイルフ童画館へでかけました。私たちの他に見学者はなく、さながら雑木林の散策のごとく、描かれている動植物についてあれこれ語り合いながらじっくり鑑賞させていただきました。14ひきの家族の暮らしは、私たちが忘れてしまった季節感のある自給自足の暮らし・・・それこそが「地球の命をつなぐためのくらし方」そのものなのかもしれません。

h-bijutukan.jpg諏訪市の原田泰治美術館へも足をのばしました。イルフ童画館からは車で15分ほどでした。こちらでも「星野富弘 花の詩画展」が開催されていました。星野さんの、口でくわえた筆で描かれたとは思えないような繊細な絵と詩文に見入ってしまいました。そしてもちろん、葉っぱ一枚一枚、石垣の石一つ一つが描かれている原田泰治さんのなつかしいふるさとの風景も充分楽しませていただきました。

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

布ぞうり作りに今年もチャレンジしました

2007年08月24日

zori20070824-1.jpg布ぞうり作りに再び挑戦しました。倶楽部メンバーのN氏から指導を受けました。それぞれ好みの色の布を使って一足ずつ仕上げました。
今回も材料はN氏に用意してもらいましたが、次回は(次回がいつになるかわからないけど)自分の家にある布で作ろうかと話しました。

【布ぞうりの材料】
 1. ロープ
   ○ 直径10mm×2m×2本
   ○ 直径6mm×1.5m×2本
 2. 布  いずれも4つ折にしてアイロン掛け
   ○ 本体用 巾約10cm×6m×2本 巾約10cm×3m×2本
   ○ 前緒用 巾約6.5cm×0.5m×2本
   ○ 鼻緒用 巾約10cm×1.65m×2本
 3. 液体のり
zori20070824-2.jpg
【必要な道具】
 1. 洗濯ばさみ 20〜30個
 2. はさみ
 3. メジャー

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

井戸尻史跡公園へ蓮の花を見に行きました

2007年07月25日

長野県富士見町の井戸尻史跡公園に蓮とスイレンを見に行きました。
idojiri-5.jpgidojiri-6.jpgidojiri-13.jpg

特に蓮の花はみごとで、蓮の池の周りを大勢のカメラマンが取り囲んでいました。蓮は、「埼玉古代蓮」(下写真左)と「大賀蓮」(下写真右)の2種が咲いていました。一見してその違いを見つけることはできませんでしたが、写真をよく見てみましたら、葉の形が違っているようでした。
idojiri-1.jpg idojiri-2.jpg
idojiri-3.jpg idojiri-4.jpg

花びらが散った後の種を抱えるジョウロの口のような部分。よく見るとなんとなくグロテスク。
idojiri-8.jpg idojiri-9.jpg

idojiri-7.jpgちょっと興味を引く葉がみつかりました。線上に穴が開いています。開く前のまだ巻いている時期に、虫に食われたのではないでしょうか。

スイレンも数種咲いていました。スイレン科のコウホネのという黄色い花はとても個性的でした。キキョウなどの花もちょうどきれに開いていて、私たちを楽しませてくれました。
スイレンスイレンコウホネキキョウ??

ここで出会った虫やカエルです。
idojiri-17.jpgidojiri-18.jpgidojiri-19.jpgidojiri-20.jpgidojiri-22.jpgidojiri-23.jpg

posted by しま at 20:00 | Comment(0) | 「感」察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。